引っ越しの際の不用品回収

量があるなら回収業者に、自分で運べるなら自治体の粗大ごみ回収に、時間があるなら指定袋に入るサイズにして普通のごみとして出す

引っ越しは手間がかかりますが、断捨離の絶好のチャンスでもあります。これを機会に、不用品はどんどん処分して、シンプルライフを目指してみましょう。
不用品回収は、ある程度の量がたまっているなら、回収業者を頼んで、引き取りを依頼するのは手間もかからずラクチンですね。特に、タンスなどの家具は、重くて一人では搬出できないですから、不用品回収業者に、搬出もお願いできるか、見積もりの際に確認しましょう。
自分で搬出できるものばかりであれば、自治体の粗大ごみの日を調べて、その日に合わせて回収してもらうこともできますが、費用が掛かることを忘れないようにしましょう。たくさんの量だとかなりの額になります。ですので、リサイクルショップに引き取りに来てもらうのも良いかもしれません。
または、時間があるならば、普段のごみ回収の日に、指定袋に入るように切断するのも方法としてはあります。家具の素材の中には、のこぎりで切れるものもあります。体力や時間に余裕のある場合はそうやって処分することもできます。

引っ越しを機に、不用品を処分し暮らしの中の無駄な時間や行為も省くミニマリストになる

引っ越しは普段の自分の暮らしを再確認できる場面でもあります。最近話題のミニマリストの方は、ものを処分することで、掃除がしやすく、楽しくなり、しょっちゅう拭き掃除をして体を動かす機会が増えたと言います。生活の中の無駄なものを処分すると、暮らしの中の無駄な時間や行為も省かれ、精神的に落ち着いてくるそうです。
また人と自分を比べたり、人が持っているからという理由でものを欲しがったりすることもなくなり、さらに無駄なものがなくなってくるそうです。
そこまで突き詰めなくとも、不用品を処分することで、自分の買い物の傾向がわかってきます。同じようなものがたくさんあるならば、あるべき場所にものが配置出来ておらず、ないと思って同じものを買ってきてしまっていることが考えられます。その分お金も無駄遣いしているのです。

引っ越後、一度に全部荷解きせず、出ているものだけで生活できたら出してない荷物は必要ない

引っ越しを機に不用品を処分したら、新居に移ってからは、本当に必要なものだけを一つずつ出して、使う場所に配置することを、ゆっくり行ってみましょう。
荷物を全部ほどいて一気に出さなくても、出ているものだけで生活できるのだとしたら、出していない荷物はすべて必要がないとも言えます。しばらくその状態で暮らしてみて、自分の気持ちがどんな状態になるか、観察してみましょう。もしそれだけでいいなら、ミニマリストを続行してもいいし、他の人には無駄なものでも、自分には大切なものがもっとないと寂しいと感じるなら、箱からまた少しずつ、ものを出してみて、自分にとってのちょうどいい暮らしを、確かめてみましょう。きっと新しい発見があることでしょう。