都内にある不用品回収を利用した時の体験談

一人暮らしの引っ越しの時、新居に入らない大型の家具の処分に初めて不用品回収を利用

引越し

初めて不用品の回収を利用した時の体験談です。仕事で急に配置換えが決定したため都内ではありますが、引越しをする事になりました。一人暮らしなので荷物量はそんなに多くはなかったのですが、大きな家具があるため、一人での搬出は難しいと思っていました。そこで利用したのが都内にある不用品回収の業者です。
初めて一人暮らしをした時に購入した大型の家具なので思い入れはありますが、新居には入りきらないサイズだったので手放す決意をしました。

自宅から近い業者を3つピックアップし、サービス内容や見積り価格を比較

都内にはたくさんの業者があったため、どの業者を利用したら良いのか迷いました。少しでも安く利用するには距離が遠くない方が良いと思ったため、自宅から近い業者を3つピックアップしました。
1つ目は自宅から一番近い店舗だったのですが、豊富な種類の不用品を回収していました。日用品から収納用品まで、多種多様に取り扱っているという印象を受けました。
2つ目は大型家具をたくさん取り扱っているお店で、店内には所狭しと家具が並んでいました。店の壁には料金表が貼られていたため、手元にある家具のおおよその目安がつきました。
3つ目は自宅から一番遠い店舗だったのですが、荷物を引き取りに来てくれるサービスがありました。取り扱っている商品も幅広かったため、任せて安心だと思いました。
3つの店舗のサービス内容や見積り価格を比較したところ、サービスの充実と相場が判明しました。自分にとって一番最適な店舗は3つ目の店であると知り、正式な契約を行いました。

運送料は発生したが出張料なし、自治体の粗大ごみ回収より安く済み、お得なサービスが利用できた

不用品回収を利用する当日、自宅には2人の作業員が来ました。引き渡す予定の大型家具を見て、最終的な契約を交わし、現金を手渡ししました。室内には新品の靴下を履いて入室したため、配慮ある気遣いに感謝しました。私が住んでいたアパートは2階だったので搬出が心配でしたが、階段も一段一段無事に降りる事ができ、トラックに載せる事ができました。家具は紐でしっかりと固定され、毛布に包み保護していました。
運送料は発生しましたが、出張料は発生しなかったため、お得なサービスが利用できて良かったです。
もし不用品回収業者が利用できなかったら、自治区の粗大ゴミとして出していました。粗大ゴミとして出す料金と業者を利用する料金では、粗大ゴミの方が高かったため、安く済んで良かったです。その後は無事に新居への引越しも終え、新しい生活がスタートしました。いま私の家には以前よりも小さな家具があります。